毒針をもつエイ、スティングレイ。小さな海の宝石と呼ばれています。特徴や手入れ方法など

動物の皮を使ったエキゾチックレザーとしては、牛革やワニ、ヘビなどがメジャーでしょう。
あまりレザーに詳しくない人でも、これらのエキゾチックレザーは見たこともあるでしょうし、見ただけで何の皮かはわかるのではないでしょうか。
ですが、今注目されているエキゾチックレザーにはスティングレイがあります。
スティングレイとはあまり聞いたことがないと思いますが、これは毒針をもつエイ革になります。

スティングレイの魅力の1つはその模様の美しさでしょう。

まるで宝石をちりばめたような紋様で、光を反射するので本当に輝いているように見えるのです。
そのため、スティングレイは小さな海の宝石とも呼ばれています。
実際にスティングレイのレザーウォレットを持っている人は少ないでしょうから、持っているだけで注目の的になることでしょう。
 
 
そしてスティングレイの魅力は見た目だけではなく強度にもあります。
皮革は一般的に水に弱くメンテナンスが大変といわれますが、海の生き物であるエイの皮ということもあり、スティングレイは水にも強いのが特徴です。
さらに水だけでなく耐久性も強く、エイ革は日本刀の柄や鎧の内側にも用いられているように、非常に丈夫で型崩れもしません。
数ある皮革の中でも最高級の強度を誇るといっても過言ではありません。
その一方で、皮革の最大の特徴ともいえる経年変化をあまり感じられないのが唯一のデメリットでしょう。
 
 
そんなスティングレイは水に強く変形しにくい特徴を持つため、他の皮革と比べても手入れは非常に楽です。
汚れた場合はその箇所を水を絞った布で軽く拭く程度で問題ありません。
ただ、より良い状態を維持していきたいのであれば、軽く専用のクリーム等を塗布した後で、優しく乾拭きをするとよりいいでしょう。
 
エイ革は100年といわれるくらいの強度を誇り、スティングレイは長く使い続けられるレザーウォレットになるでしょう。
ただ、他のエキゾチックレザーのように、あまり知名度は高くなく、なかなか売っているショップを見つけるのも大変でしょう。
 
 
また、スティングレイは加工しにくいため、やはり信頼できる会社や職人から購入するのが望ましいです。
売っているショップを見つけるにも、信頼できる職人を見つけるにもインターネットを活用することをおすすめします。
インターネットなら、いろいろなスティングレイのレザーウォレットを見つけられるでしょうし、一生ものの財布を入手できることでしょう。