シルバー925を使った主な装飾品について

シルバー925は銀の純度が高い金属で、シルバーの中でも最も人気があります。
ちなみにシルバー925だけでなくsterlingなどと表記されているものも、銀が92.5%含まれている同じシルバーです。
厳密にいえば残りの7.5%の金属に銅のみを使用しているシルバーをsterlingと呼んでおり、シルバー925は銅に限らずニッケルやアルミニウムなどの金属が含まれているものを指します。
 
シルバー925は銀の純度が非常に高く、それでいて100%純銀よりも強度や耐久性が高くなっているので、加工しやすいのが特徴です。
そのため、シルバー925は現実的にはシルバーを使った装飾品の中では、より純度の高いシルバーを用いた製品ということになります。
純銀の輝きを持ちながら、加工しやすいということもあり、さまざまな装飾品に用いられています。
 
 
主な装飾品としては指輪やネックレス、ピアスなどがあります。
これらの装飾品は金やプラチナなども人気ですが、それらに比べて安価で購入できる上に、それにも引けを取らない輝きがあるのが理由でしょう。
また、それ以外にもレザーウォレットのワンポイントとしてシルバー925を用いているケースもあります。
 
シルバー925を使った装飾品は、金属アレルギーになりにくいという特徴があります。
そのためピアスやネックレスにシルバー925使われたものを選ぶ人もいるでしょう。
たしかに純銀は金属アレルギーになりにくい特徴があるので、純度92.5%のシルバー925はそういった金属アレルギーがある方も比較的安心です。
ですが、シルバー925だからといって、必ずしも金属アレルギーにならないとは限りません。
 

それは、銀92.5%以外の残りの7.5%に含まれている金属によって金属アレルギーを引き起こす恐れがあるからです。
ですので、素肌に身に付けるシルバー925の装飾品の場合は、残りの金属にどのようなものが含まれているのかを確認する必要があるでしょう。
 
 
また、シルバー925は硫黄によって変色してしまう恐れがあるので、温泉に入る時などはネックレスや指輪などは外すようにしないと、黒くなってしまう恐れがあるので注意しましょう。
ちなみに、レザーウォレットについているシルバー925であれば、直接肌に触れることが少ないので金属アレルギーの人でも心配することはないでしょう。
 
 
ただ、擦れたりすることも多いですから、しっかりとメンテナンスをして置くことが重要です。
定期的に手入れをしていれば、いつまでもシルバーの輝きを残したまま長く使い続けることができるでしょう。