お札を折らずに仕舞える長財布。形状についてまとめます

お札を折らずに仕舞えることが大きなメリットである長財布
ただ、長財布といってもさまざまな形状があり、デザイン性や使い勝手はちょっと違ってきます。
そのため、長財布を選ぶ時にはまずどのような形状のもので、どのようなメリット・デメリットがあるのかを知っておくといいでしょう。

長財布の定番の形状といえば、かぶせ蓋タイプです。
パタンと閉じるだけのスタンダードな長財布で、ファスナーを使っておらず革の素材だけが目立ちます。
簡単に開けることができ、カード入れも綺麗に並んでいるので、お札はもちろんカードも探しやすいというメリットがあります。
入れる紙幣の枚数にもよりますが、たいていは薄く収まるのでスーツの内ポケットにも入れやすいです。
また、小銭入れもあるので、使い勝手もいいです。

デメリットとしては、万が一落とした時などは財布が開いてしまう恐れがあります。

かぶせ蓋タイプに似ているのが札入れタイプです。
形状はほとんど同じですが、小銭入れがついておらずお札とカードだけを入れるタイプになります。
小銭を入れないため、よりスタイリッシュで持ち歩きやすい財布となるでしょう。
基本的に小銭入れとセットで持ち歩くことになり、それがステータスと感じる人におすすめ。


また、最近はキャッシュレス決済が増えてきているため、小銭入れすらいらないという人は特におすすめです。
ただ、財布を2つ持ちするのが面倒という人には向きません。

その他のタイプとしては、ラウンドファスナータイプがあります。
ファスナーで財布をしめるタイプで、女性に人気があるタイプです。
近年は男性でもラウンドファスナータイプの財布を持ち歩く人も増えてきています。
メリットは、たくさんのお金やカードなどが収納できる点です。
女性に長く愛されている理由は、カード類が増えてしまう女性にとって収納性が抜群だからでしょう。
また、かぶせ蓋タイプと違って、落としても財布が開きません。


デメリットは財布の厚みがあることです。
もちろんそれが収納性の高さにつながっているのですが、スーツやポケットに財布をしまいたい人には向きません。
最近では、より開閉しやすいL字ファスナータイプも人気です。
ラウンドファスナーよりも財布が薄くなるのがメリットです。

このように、長財布といってもいろいろなタイプがあります。
さらに、そのタイプの中にもいろいろと形状が違ってきますので、実際に手に取ってみて自分のライフスタイルや好みに合わせて選ぶといいでしょう。