馬革の緻密さとなめらかさは非常に美しいです。特徴や手入れ方法など

本革として有名なのは牛革で、リーズナブルな価格のわりに革の質も良く人気があります。
牛革以外にも人気の本革があり、その1つに馬革もあります。
馬は牛と違って運動量ははるかに多い動物で、牛に比べて余分な脂肪分が少ない動物です。

それにより、馬革は牛革に比べて革が薄く柔らかいのが特徴です。
強度は牛革の方が強いとよく言われますが、その理由は牛革の皮が厚いことが関係しており、同じ厚さで比較すれば馬革の方が強くなります。
同じ強度で比較した場合には、馬革の方が薄くなめらかで見た目も美しいといわれています。
強くて軽く、緻密でなめらかという特徴がある馬革はレザーウォレットにも向いているでしょう。
 
馬革にもいくつかの種類があり、その中で最も高級品といわれているのがコードバンです。
馬は牛に比べて頭数も圧倒的に少なく、それだけでも希少価値が高い革です。
コードバンとは農耕馬の臀部だけを使った革で、当然1頭の馬からとれる量はほんのわずかとなります。
ただでさえ希少価値が高い馬革において、コードバンはさらに貴重な革と言えます。
実際にコードバンは繊維密度が高く、牛革の3倍から5倍といわれており、耐久性も非常に高いのが特徴です。
 
さらには、表面がさらに美しく仕上がっているので、まさに芸術品の域に達するほどでしょう。
そのため、コードバンは革のダイヤモンドや革の宝石、キングオブレザーなどとも称されています。
この他にも経年変化を楽しめるホースヌメ、柔軟性の高いホースハイド、きめが細かいホースフロント、柔らかく軽量のポニーレザーなどいろいろな馬革があります。
 
本革はメンテナンスをしっかりしないとシミができたり、一部だけ変色するなどしてしまうので手入れは必須です。
牛革のデメリットはまさにそこにあるでしょう。
馬革も水や熱に弱いので、水汚れに気をつけなければいけませんし、ドライヤーで乾かすのも厳禁です。
 
 
ただ、馬革は他の本革に比べれば薄いわりには強度があるため比較的手入れはしやすい傾向にあります。
手入れ方法としては、専用のブラシでホコリやチリを落とし、水から守るための防水スプレーをする程度でいいでしょう。

また、ブラシじゃなくても乾いた布でホコリを拭く程度でも大丈夫です。
馬革はレザーウォレットにも適した本革ですので、財布を購入したい人は牛革だけでなく馬革も検討しているといいでしょう。
もしお近くのショップに見つからないなら、インターネットで探してみてもいいでしょう。