コンパクトさを目指した折りたたみ式財布。ポケットサイズ すごく便利です

財布の形状としては大きく分けて長財布と折りたたみ式財布に分けられます。
財布を選ぶ際、どちらを選ぶか悩んでしまう人も少なくありません。
これまで長財布を使ってきた人も、まずは折りたたみ式財布のメリット・デメリットをよく知って、自分に適した財布を選びましょう。

折りたたみ式財布の最大のメリットは、コンパクトさです。
折りたたんでポケットに入れられるので、カバンを持たずに手ぶらで出かけられます。
もちろん、長財布でもポケットに入れられますが、ポケットから長財布が顔を出してしまうので、落としてしまうリスクや盗難に遭うリスクも高くなります。
ですが、折りたたみ式財布ならポケットにすっぽり入るので、その危険性は低くなります。
それでいて、お札も小銭もカードも収納できるので、収納性もあるのも大きなメリットです。
また、開いてすぐにお札やカードが出せるので、使い勝手も非常にいいでしょう。

折りたたみ式財布のデメリットとしては、使用する際には常に開閉しますので、壊れやすいです。
開閉だけなくポケットに入れておくわけですから、入れたまま座ることもありそれも劣化を早めてしまうことになります。
また、お札も小銭もカードも入れられるとはいうものの、折りたたむため収納できる数には限りがあります。
あまりに大量のお札を入れてしまうと、折りたためなくなってしまう恐れもあります。

 


ただ、このデメリットも考え方次第ではメリットとも言えます。
大量に収納できないため、不要なカードやレシートは常に整理することになるでしょう。
さらに、昨今はキャッシュレス化が進んできていますし、スマホ決済をする人も増えてきています。
そのため、今後はあまりカードも持ち歩かないようになってくるでしょう。
そうなれば、折りたたみ式財布でも財布が厚くなってしまうことも気にする必要はなくなります。
スマホと数枚のお札と数枚のカードだけを入れた折りたたみ式財布でことが足りるようになるでしょう。

このように、折りたたみ式財布はコンパクトサイズでポケットに入れられ、使い勝手が良い財布です。
キャッシュレス化で、今後はそれほど大量のお金を持ち歩く必要がなくなるのですから、必要なものだけを入れておけてコンパクトに持ち歩ける折りたたみ式財布の需要は増えてくるかもしれません。


また、折りたたみ式財布も小銭が入らないタイプなどいろいろな種類があります。
これから財布を選ぶのであれば、今後の自分のライフスタイルも考えて、自分に適した財布を選ぶようにしましょう。