シルバー925の特徴と手入れ方法 ほかのシルバーとの違いとは

アクセサリーによく用いられるのがシルバーですが、シルバーといってもいろいろな種類があります。
そのシルバー製品をよく見ると、シルバー925やSV、sterling、SV900などと記載されているでしょう。
すべて同じシルバーのことだろうと思うかもしれませんが、これらはシルバーの純度によって表記が変わってきます。
この中で最も人気が高いのがシルバー925です。
 
シルバー925もしくはSV925、Silver925と表記されているものなら、純度は同じでこれは素材の中に銀が92.5%含まれているということになります。
この他には銀が100%のSV1000や95%のSV950、SV900、SV800などもあります。
どうせなら92.5%ではなく100%純銀のほうがいいのではと思うことでしょう。
 
ですが、銀そのものは柔らかくてアクセサリーなどには不向きのため、銅などの金属を混ぜて強度を高めているのです。
法律上は92.5%のシルバーも純金として扱うことになっているため、最も人気のシルバーとなっているのです。
 
シルバーによってはsterlingと表記されているものもあります。
これは何だろうと思うかもしれませんが、これはシルバー925の別名であり同じように銀が92.5%含まれているシルバーです。
ちなみにスターリングとは本物、価値のある、という意味があり、まさしく本物の純銀であるという意味合いなのでしょう。
 
 
また、他のシルバーもSV1000はピュアシルバー、SV950はプリタニアシルバー、SV900はコインシルバーとも呼ばれています。
シルバーは変色しやすいという特徴があり、純度が高いシルバー925も付着した汚れなどを放置したままだと輝きが損なわれてしまいます。
ですので、いつまでも美しい輝きをキープしたいのなら、正しい手入れ方法を用いる必要があるでしょう。
とはいっても、メンテナンス方法はそれほど難しいことではありません。
専用のアクセサリークロスでこまめに磨くだけでも十分です。
 
 
ただ、銀は硫黄に反応すると黒く変色してしまいます。
硫黄、つまり温泉にシルバー925のアクセサリーをつけたまま入ると、たちまち黒くなってしまうので注意しましょう。
 
 
また、温泉だけじゃなく化粧品やシャンプー、入浴剤などにも硫黄の成分が含まれているものがあるため、黒くなってしまうこともあります。
ですので、シルバー925のアクセサリーをお持ちなら、温泉などを利用する時には外して入ることが必須です。
ただ、変色しにくいようにロジウムコーティングされている製品だと、逆に傷つけてしまうこともあるので、アクセサリークロスではなく、柔らかい布で優しく拭くようにしましょう。