ワイルドさとデザインで人気のカービング。人の手で彫っていきます

レザーウォレットはいろいろな素材やデザインのものがあり、ブランドの財布とは違った魅力があります。
その中でひときわ目を引くデザインがカービングではないでしょうか。
ワイルドでもありエレガントでもある、そして個性的な財布として非常に人気が高まっています。
おそらく機械で作られた模様なのだろうと思う人もいるかもしれませんが、実はそうではありません
 
カービングはレザークラフトの技術の1つであり、何種類もの専用工具を使って、すべて人の手で彫って仕上げていきます。
しかも、図案を作成してからいろいろなうち具を使って模様や陰影を作り出し、さらに染料で着色して最後に仕上げ剤で仕上げていきます。
そのため、カービングが仕上がるまでには何時間もかかってしまう手間のかかったものなのです。
1つ1つ人の手で彫って作っていくため、カントリー風にもエレガント風にもどのようなデザインにでも作り上げられます
そのため、独創性があってカッコいいデザインの自分だけのオリジナルレザーウォレットが出来上がります。
 
また、カービングはデザイン力はもちろん、技術力も必要とするテクニックです。
同じような模様のカービングだとしても、技術者のレベルやセンスによってまるっきり仕上がりが変わってくるでしょう。
さらに、できたばかりのカービングのレザーウォレットも素敵ですが、レザーは経年劣化により色合いが変わってきます。
革だけでなく、カービングのデザイン部分もますます味が出てきてワイルドになってきます。
それこそカービングの一番の魅力でしょう。
 
ただ、数年後のレザーウォレットの状態も、技術者のスキルによって変わってくることもあります。
そのため、やはり信頼できる人にカービングのレザーウォレットの製造を依頼するのが望ましいでしょう。
なかなか身近にカービングのレザーウォレットを作る職人がいない、センスのいい職人がいないという方は、今はインターネットでもカービングのレザーウォレットが売られています。
 
ですので、デザインはもちろん口コミなども参考にして、技術力とセンスのある職人を探し出しましょう。
カービングウォレットは、高い技術力と時間を要するものなので、価格も高額になりがちですが、一度購入したら一生ものといっても過言ではありません。
しっかりと吟味して自分の好みに合うレザーウォレットを見つけ出せば、多少高額でも数年使い続けられる大切な自分だけの財布になることでしょう。