見た目の綺麗なPUレザー 本革と間違うほどの合成皮革 その特徴

レザーウォレットはシンプルでありながら、高級感があり、さらに使えば使うほど味わいが出てくるのが魅力です。
大人っぽさを醸し出すレザーウォレットは男性、女性問わず人気です。
ただ、レザーといってもそれがすべて天然の本革というわけではなく、合成皮革と呼ばれる材質のものもあります。
合成皮革の中でも最も本革に近い材質と特徴を誇るレザーに、PUレザーがあります。
 
PUレザーとはポリウレタン樹脂レザーの略であり、編み物や織物などの布地の上部にポリウレタン樹脂を塗布して作られた合成皮革です。
合成皮革にはPUレザーの他にもPVCレザーなどがありますが、その質感や通気性はPUレザーには及びません。
PUレザーは、合成皮革の中でも最も本革に近い質感があるためフェイクレザーとも呼ばれており、合成皮革としては最高級の品質とされています。
弾力性と柔軟性が高く、肌に近い手触りがあるのが特徴で、他の合成皮革に比べて通気性も撥水性も高いです。
 
ただ、より本革に近いとはいうものの、耐久性の面ではやはり本革よりも劣ります。
水分が多いと加水分解を起こして表面がボロボロにあってしまうことがあり、湿度の高い場所での保管には注意が必要です。
そのため通気性も撥水性も高くメンテナンスがしやすいですが、手入れは基本乾拭きとなります。
 

もちろん、本革も水分には弱く、しっかりと手入れをしないとカビが生えてしまったり、シミになったりするので、いずれにしてもメンテナンスは必要です。
そして、最大の魅力は本革に最も近い素材でありながら、本革よりもリーズナブルな価格で入手できる点です。
見た目が本革とほとんど変わらないものもあり、それでいて非常に安く手に入れることができます。
また、それだけでなく手入れもしやすいのも魅力で、扱いやすいメリットもあるのです。
 
本革はしっかり手入れをすれば耐久性も高い上に経年変化も楽しめます。
そのため、しっかりとメンテナンスができる人、長く使い続けたい人は本革を、手入れをするのが面倒で安くレザーウォレットを手に入れたいのであればPUレザーを選ぶのも1つの方法でしょう。
ただ、経年変化を楽しめるのが本革の魅力ですが、高価ということもあり買い替えしない人も多いです。
 
一方で、PUレザーは安価のため少し古くなった、飽きてきたという時にも新しく財布を買い替えやすいです。
気分転換で財布を変えたいと思う人は、本革に近いPUレザーのレザーウォレットも選択肢の一つにしてみてもいいでしょう。